S 4 クロコデゥエル Crocoduel (ネタバレ!注意)

2021年9月22日

※盛大なネタバレを含みます!!!!見たくない人は戻ってね

別れて以来ルカを避け続けていたマリネットがもう一度いい友達に戻るエピソードです。

別れた人と友達になるなんて私は無理だけどね。

内容

マリネットは別れて以来ルカを避け続けていました。

マリネットがしばらくバンド「キティセクション」を観に来ない事が気になっているルカはマリネットが何故来ないのかアルヤ達に聞きます。

ルカ「マリネットが来なくなったのは、まだ僕がマリネットの事好きって知っているから?」

「マリネットはアドリアンが好きでルカとは顔を合わせづらくて来れない」とは言えないアルヤ達は言い訳をします。

ローズ「違うのマリネットはね、アクアポニーの水泳のレッスンに出なきゃいけなくて…。」

苦し紛れの言い訳にやっぱりマリネットは自分の事を避けていたと悟ったルカは悲しい顔をしてその場を去ります。

その様子をみたアルヤ達はジュレカの誕生日にみんなで映画を観に行く予定を急遽変更しジュレカとルカの誕生日パーティーを船の上で開く事にします。

丁度その日はアドリアンはモデルの仕事でパーティーに参加できません。

アドリアンが居るとマリネットはアドリアンしか目に入らなくなるのでアドリアンが参加できないのは好都合でした。

早速マリネットに誕生日会の事をマリネットに伝えるアルヤ。

しかし勘のいいマリネットはすぐにそれがルカと自分を話させるための罠だと気が付きます。

🐞「ちょっと待ってジュレカとルカは双子だから…ルカのお誕生日にもなるわけで…船の上だから逃げられない…アルヤ…これは罠でしょ」

マリネットは自分はアドリアンが好きで、マリネットの事がまだ好きなルカと会うのは気まずいし、またルカがアクマタイズされたら困るから会えないと拒否しますが

アルヤ「別れたからといって友達になれないわけじゃない。ちゃんと話し合わなきゃ」

と説得されしぶしぶ行くことを承諾します。

===翌日学校===

マリネットはゴミ箱に入りジュレカに近づきルカを「誕生日パーティーに参加させないようにして」と頼みます。

🐞「ルカの誕生日なのもわかっているけど、ルカの気持ちに答えられない女(私)が誕生日を台無しにしちゃうのはよくないでしょ?」

🐞「ルカを傷つけてまたアクマタイズさせたくない」

あまりの剣幕にジュレカは承諾します。

マリネットを含むジュレカの友達がお誕生パーティーを船の上で開くと知ったルカがあまりにも嬉しそうな顔をしたため

「その場に居ないで欲しい」となかなか言えないでいるところにジャゲットストーンが窓から船に乗りこんできます。

そしてジュレカはルカに「その場に居ないで欲しい」と言えず、ジャゲットストーンも誕生日パーティーに参加することになりました。

そして誕生日パーティー当日。

クーフェン家の船に乗り込むマリネット達一同。

マリネットはルカは居ないものだと安心しきっていたのでルカの姿をみるなりびっくりして船の下の部屋に逃げていきます。

その姿をみてルカは「マリネットはもう自分と友達になりたくないんだ…。」と落ち込みます。

ジュレカは気まずくなりマリネットの居る船の下の部屋に逃げていきます。

そして落ち込みマイナスの感情になったルカをシャドウモスがアクマタイズしようとアクマを送りますがアルヤ達のグループハグでルカは気持ちを持ち直します。

アルヤ達「マリネットはルカを傷つけたくないだけだから…。ここに居るみんなルカの事が大好きだよ」

ルカをアクマタイズすることに失敗したシャドウモスは罪悪感を感じているジュレカをアクマタイズしようとします。

しかしマリネットがジュレカに謝りジュレカも気持ちを持ち直します。

「ジュレカ…無理な事を頼んでごめんね…。」

シャドウモス立て続けにアクマタイズをするのを失敗しますが10代の子供のパーティーには強い感情が付き物だとアクマを泳がせます。

そこへジャゲットストーンがやって来ます。

ルカ「お父さん!」

アルヤ達はジャゲットストーンがルカとジュレカのお父さんであることに驚き喜びます。

船の下の部屋に居るジュレカもマリネットにジャゲットストーンが父親である事を伝えジュレカは

「ジャゲットストーンは自分よりルカの方が気に入っているような気がする」

とマリネットに相談します。

そこへルカとジャゲットストーンが入って来て、ジャゲットストーンはルカに「ジュレカには内緒だぞ」と言ってギターを渡します。

それを見たマリネットはジャゲットストーンに文句を言います。

🐞「ジュレカにはプレゼントないの?」

ジャゲットストーン「実はこのギターはジュレカにあげるプレゼントなんだ」

ギターはジュレカへのプレゼントでした。ジャゲットストーンはジュレカにサプライズで渡そうとしていたのです。

そしてジャゲットストーンはルカには昔アナルカとバンドを組んでいた時に出したオリジナルのレコードをプレゼントします。

そこへアナルカが乗りこんできて2人は喧嘩を始めます。

アナルカ「ジャゲットストーン!あんたよくも別れた原因になったレコードをうちの息子に渡せるねっ!」

ジャゲットストーン「このレコードはお前が俺を捨てた後の俺の人生を立て直してくれたんだ」

アナルカ「あんたが私と子供2人を置いて行ったのにっ!」

口論を始めた2人はマイナスの感情になってレコードにアクマが憑りつき2人は同時にアクマタイズされてしまいます。

マリネット達は急いで船から避難します。

アナルカはキャプテンロックに、ジャゲットストーンはギターヴィランになり空中を移動しながら2人は争いを続けます。

アルヤに足首をくじいた芝居をしてもらい、みんなと離れる事に成功したマリネットはレディバグに変身してキャプテンロックとギターヴィランと戦います。

しかし悪者2人にレディバグ1人で形勢が悪く苦戦します。

アドリアンは別の場所でモデル仕事のための準備をしていましたが、ギターヴィランとキャプテンロックの騒ぎに気が付きシャノワールに変身します。

そしてレディバグに参戦。

🐈「僕たちは大人になってもあのカップル(ギターヴィランとキャプテンロック)みたいにならないって約束して」

🐞「その前にカップルにならないとね」

ギターヴィランは空飛ぶドラゴンをキャプテンロックは空飛ぶ船を持っているため空中で戦いを続けシャノワールとレディバグはなす術がありません。

空中の戦いの被害から逃げる地上の人々…。

ルカとジュレカも危うく被害に遭うところをレディバグとシャノワールに助けられます。

レディバグはラッキーチャームを召還し、作戦があると言ってジュレカを連れシャノワールとルカから離れます。

そしてジュレカに虎のミラキュラスを渡し一緒に戦ってもらいます。

🐞「シャノワール私達をできるだけ高く飛ばせる?」

🐈「やってみるよ。えぇと君は…?」

パープルタイガレス「パープルタイガレス」

🐈「タイガー?僕もネコ科だから家族みたいなもんだにゃ」

こうしてシャノワールにパープルタイガレスとレディバグは空高く飛ばしてもらいギターヴィランとキャプテンロックからレコードを奪います。

そしてレディバグはアクマを浄化し2人にマジカルチャームを渡します。

その後ジュレカが「口喧嘩を止めてちゃんと話し合って」と言った事でジャゲットストーンとアナルカは仲直りをします。

そしてその様子をみていたルカとマリネットはやっと会話をします。

ルカ「マリネットは?アドリアンにいつ気持ちを伝えるの?」

マリネット「え?アドリアン??」

ルカ「ジュレカはちゃんと自分の気持ちを伝えたよ。マリネットもいつかアドリアンに気持ちを伝えなきゃ」

マリネット「ルカ…。今まで避けててごめんね」

ルカ「マリネットが僕じゃなくてアドリアンを好きな事よりマリネットと話せない事の方がつらいな…。」

マリネット「私達友達?」

ルカ「友達だよ」

こうして2人は友達に戻ったのでした。

感想

ルカァァァ…(ノД`)・゜・。

別れてもマリネットが大好きで、マリネットがアドリアンを好きでも話すだけで幸せって…。

なんて良い子なの…。ちょっと病みすら感じる…。

日本語ではなんて訳されるかわかりませんがルカはこの時↓

「I’m in love with Marinette. 」僕はマリネットに恋してて愛している

って言っているんです。

ひぇぇぇぇぇぇ。Like(気に入っている)でもCrush(片思いの時の好き)でもなくIN LOVE!重いっ!良い意味で。

それでもマリネットに「アドリアンに気持ちを伝えなきゃね」って言って友達に戻るって…。

なんて言うか…。ルカがいい人過ぎて辛い。

あ、それともこれは「さっさとアドリアンに気持ちを伝えて振られて僕の所に戻っておいで」って意味?(多分違う)

そもそもマリネットがルカと別れたのは秘密(レディバグ=マリネット)が言えないからじゃなかったの?

そー言えば、久々にゾーイが登場していましたね。

ゾーイとルカが最終的にはカップルになるんじゃないかと予想しているファンもいますが…どうなんでしょう。

そしてジュレカのパープルタイガレスは格好良かったです。

ただただ格好良かった。スーパーヒーローの中で一番強そうです。

シャノワールもデレデレしていました。

そんなんだからレディバグに呆れられるんだよ…。

そー言えば、ローズの時(Guilt trip)はシャノワールがいる前でミラキュラスを渡していましたが今回はわざわざシャノワールを避けてミラキュラスを渡していました。

ローズの時はセンチモンスターの中に捕らわれていたので仕方ないですが…。

やっぱりシャノワールには誰がスーパーヒーローなのかは基本的には秘密なんですね。

アルヤには全部話しているのかな?

意外とルカとマリネットカップルの終わり方があっさりしていてルカマリ派の私にとっては少し寂しいエピソードでした。

ウィッシュメーカーのマリネットとルカが食べていたアンドレのアイスは友情のアイスだったのかな?

ルカの方が良いって。

シャノワールとシャドウモスにちょっとだけ親子を感じる…

★追記★

パープルタイガレスのスーパーパワーについて

Collision(衝突)コリジョン

このエピソードが公開された後に原作者のトーマス先生がジュレカのパワーはワンパンチだとツイートしていました。

「渾身の一撃」みたいな感じですかね?

パープルタイガレス強すぎん?シャノワールも口あんぐりしていました…。

シーズン2-3では最終戦で全ヒーローが出演していたのでシーズン4でも同じように新たに加わったスーパーヒーロー全員出演して欲しいです。

Season 4

Posted by Marie